<   2013年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

宵宮

お隣の町のお祭りがありました。
この祭りが今年最後のお祭りです。
今年の豊作に感謝しながら 夜遅くまで太鼓の音が響いていました。

この祭りが終わると、今年ももう残りわずかなり~。
b0031558_0285283.jpg








b0031558_0291996.jpg

by fujiryujin | 2013-10-29 00:30 | Comments(2)

朝日に乾杯!

今朝はすばらしいお天気になったので
久し振りにカメラを持って近所を散歩しました。

b0031558_21293178.jpg










b0031558_21304267.jpg









b0031558_21312299.jpg









b0031558_213286.jpg









b0031558_21324060.jpg









b0031558_21335433.jpg









b0031558_21343472.jpg









b0031558_2135774.jpg









b0031558_21355088.jpg










b0031558_21365875.jpg









b0031558_21371845.jpg









b0031558_21374345.jpg

by fujiryujin | 2013-10-27 21:39 | Comments(4)

秋景色

小雨になったので 近所を散歩
台風の事で頭がいっぱいで なんだか「秋」がまだピンと来ないが
植物たちはもうしっかり秋の装いです。   「フジバカマ」秋の七草
b0031558_22171565.jpg

            





                             「エノコロクサ」
b0031558_22171838.jpg







                          「尾花」(すすき)秋の七草
b0031558_22275666.jpg







                               「?」
b0031558_2219147.jpg







                              「野菊」
b0031558_22194517.jpg







                               「柿」
b0031558_2221656.jpg







                               「柿」
b0031558_2222450.jpg







                                「アケビ」
b0031558_22223919.jpg







                                 「草紅葉」
b0031558_22232676.jpg







                                「柿」
b0031558_2150198.jpg

by fujiryujin | 2013-10-26 21:51 | Comments(2)

きょうの空

もう10月も下旬だというのに
毎週台風がきている。

そして
また、今週もきそうである。

だけど
恨めしく見上げた空は 果てしなく綺麗で
思わずため息がでた。
b0031558_001576.jpg








b0031558_02995.jpg








b0031558_024747.jpg


大きな被害が出たばかりなのに・・・

被害が無い事を祈ります。
by fujiryujin | 2013-10-22 00:00 | Comments(4)

悲喜こもごも

ここの所嫌な事が続いていて
かなり落ち込んでいる
b0031558_3343987.jpg



常に前向きに・・・
そうは思っても
それはやはり なかなか難しいなぁ~と思う。

そんな自分にエールを贈るつもりで・・・
今日は私が購読している広大寺「暮らしの中の仏教語」の中より「悲喜こもごも」を載せます。


第407話 通算1066話 悲喜こもごも
 
 「悲喜交々」を辞書で調べたら、
《悲しみと喜びを代わる代わる味わう事。「交々・こもごも」は、
次々と入り交じって互いに入れ替わる事》と出ておりました。
 
 交々はとにかく、「悲喜」とは何でしょうか。
「悲しいことが悲、喜ばしいことが喜である」、
と言ってしまえばそれまでですが、
もう少し突っ込んで考えたいところですね。

 世の中は無常であり、人生は悲喜交々です。
生住異滅の法則に従って変わりゆくその物事の変化の状態を、
自分にとってプラスと考えれば喜に通じ、
マイナスと考えれば悲に通じるでしょう。

 そんな世の人々の中で、
仏教徒は、自分の事だけを考えてはいけません。
相手の事も考え、悲にあっては「悲心」を起こし、
喜にあっては「喜心」を起こすことが重要です。
悲心とは、ともに悲しみ哀れんで、
自他の苦しみを抜き取ろうとする心です。
喜心とは、ともに喜び、ともに安楽を享受しようとする心です。

 私達は凡人ですから、相手が悲しんでいればザマミロと思い、
相手が喜んでいればコンチクショウと思いがちですが、
相手と共に悲しみ、相手と共に喜ぶ仏の心「悲心・喜心」
に学びたいものですね。

 実は、この悲喜の前後に続く字があります。
慈悲喜捨と言う風に、慈と捨を前後に加えると、
菩薩の四無量心になるでしょう。
人に楽を与えようとするのが慈・人の苦を抜いてやろうとするのが悲・
人の楽を妬まずに倍増させてやろうとするのが喜・
その為に財を捨て差別する心を捨てるのが捨と説明できます。

 慈悲喜捨は菩薩の願行です。
何かの物事について、自分と誰かが共に悲しみ共に喜べば、
互いの悲は半分になり喜は倍増するばかりか、
わが身は菩薩・仏と同じになるという事です。
自他を分ける垣根を取り払ってみましょう。

             
             おわり             
by fujiryujin | 2013-10-15 03:49 | Comments(4)

この夏、我が家の窓辺を飾ってくれた「風船かずら」の種ができましたよemoticon-0105-wink.gif
b0031558_22372651.jpg








風船を半分に割ると
b0031558_22392877.jpg








種を取ってみると なんと白い部分が「emoticon-0152-heart.gif」の形をしているの かわいい!emoticon-0152-heart.gif
b0031558_22422030.jpg

by fujiryujin | 2013-10-10 22:44 | Comments(8)

お別れ

10月2日18時06分、愛犬のマーブルが、天国へ旅立ちました。
b0031558_0274278.jpg

享年15歳でした。

今はまだ悲しくてやりきれません。
by fujiryujin | 2013-10-06 00:34 | Comments(6)

気ままに撮った写真と気ままなおしゃべり
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31